第4次産業革命以降のエグゼクティブコーチ

あなたは大丈夫ですか。第4次産業革命以降にどのくらいのエグゼクティブコーチが生き残れるでしょう。

ゆでガエルのイメージ

AIの発達とともに今あるビジネスモデルが2025年までにはその45%がなくなるのと同様に、あるいはもっと早くに、コーチの70%以上は2025年までにAIに取って代わられるでしょう。ただ教えるだけの大学教師も60%以上は必要なくなるか他のDevice、Tool、AI、ロボットに取って代わられます。

これからはAIがコーチに気付きを与えるようになる時代です。一般のコーチはLegacyになりModernコーチが必要とされてくるのです。

では一般のコーチとModernコーチとは何が違うのでしょうか。

AIが与える気づきは既にどこかのDatabase・ビッグデータに入っているのでしょうか。Deep Learningのように似たような仮説が次々とその場に現れてくるとしたらコーチはどうしますか。見たもの、感じたものだけでなくどこかで記述されたもの、話されたもの、似たものと推定されるものもDeep Learningにおいてはいくらでも出てくるのです。思考はコリジョン・衝突を起こしたときに全く異なった別の思考となるのです。それはハイブリッド思考に似て、核分裂や収縮を起こすのです。

モダン思考と今までの古い思考

Smartphoneに代替される内容ならばそれを利用できるような思考法(=モダン思考)を用いることです。古い思考は今迄の延長で、積み上げ思考を捨てられず、新しいことに挑戦できなく、新しいことに対して聞く耳を持たないのです。

未来の創造的マーケテイングは、経営において最も重要かつ最も必要な戦略です。その戦略をAIが導くようになるのでしょうけれど、それを変えるためにはランダムコリジョンを意図的に起こすしかないのです。もしHypothesis Questionが論理性のないものだとしたらその抽出方法が可能性を含む課題になります。

第4次産業革命以降のエグゼクティブコーチ

否定的な思考ではなく肯定的かつ挑戦的なマインドを持ち続けることが未来への成長、古い考え方から新しい考え方への変容になるのでしょう。将来に向かっての戦略的且つ戦術的経営思考が常に頭の中にあり、未来への挑戦を考え、その未来が何であるかを考える、その考え方を見つけることが成功の一番の近道になるかもしれません。

創造的なビジネスモデルは未来への戦略により創出されます。今までにない、AIが考えられないようなビジネスモデルが必要なのです。ということは論理性を超えた仮定(hypothesis thinking を超える思考)のアルゴリズムを作らなければならないのです。

それらの思考が知識になる前に市場で長期にわたって独占できるようなものなら良いのですが、そのためには誰もが考えつかないような創造性が要求されます。すぐ真似されるようなものはすぐにだめになります。では複雑なものは大量に売れるでしょうか。今まで誰も考えたことのないもの、目に見えるものと見えないものの思考の差は何でしょう。

さて、あなたは新しい、AIの先を行く、モダンな考えができましたか。

TOP