思考の変容1

タンカー

ものごとの変わり目(Transit)の後に大きな変容(Transformation)が起こります。内容の増幅(Amplifier)に反比例して、躯体が小型化・矮小化(Downsize・Condense)してきたように、変わり目(Transit)の後に大きな変容(Transformation)が起こるのです。

このような時にこそ思考法が大事なのです。アナロジー思考、真逆思考などの思考を生み出すような思考法を持つことが、特にこれからの時代を背負っていくリーダー、若者に求められます。そのための環境作りが必要です。

技術の場合はすでにあるものを別な方法でつなぎ、マージ、ハイブリッド化するのです。デジタルとアナログの融合とコネクティビティーです。

自分が気づいていない性格も考えてお見合いの相手を探してくれるのも全く同じです(Matching)。占い師、まじない師のようにAIが働いてくれるのです。アルゴリズムさえあればデータ分析及びシナリオ作成はすぐにできてしまいます。統計分析とおなじです。それに相手を読み取る認知システムを加えればすぐに占い師もどきができるのです。

そんな馬鹿な、と思ったら一度自分が占い師になってみてください。占いも、未来の予測も自分の中で何らかの過去のデータを分析しているのです。それらが一般統計的なことからか、自己観察からか、他者を観察することからきているのか、事前にわかっている仮説からきているのかは内容をきちんと整理さえすればわかります。多視点(Multi-Perspective)です。これらのデータを分析しているだけなのです。あなたにもできることです。

歯車

科学的にわからないところが未来創造です。あるいはそれらを霊感(Spirit)という場合もあります。説明ができないからです。それらは簡単ではありません。誰にもできない仮説を作るのです。新しいデザインをして、そのシナリオを想像し、途中の筋道を全く新しくデザインするのです。それがクリエイティブ思考なのです。今までのような考え方ではだれもが同じ結果になり、競争に勝てなくなります。

その科学的証明できないようなことを打ち破る(Break Through)のがExecutiveであり、その対象内容を解明するのが科学者であり、後付けになる仮説(Abduction)を考えるのがシナリオライターなのです。

このようなシステムを自分で作り上げていけば自ずと人が考えた事がないシナリオができあがってきます。

Executive Coach になるためには科学的に証明できないようなことを打ち破る思考力と立ちはだかる抵抗への強い挑戦意欲を持つことが必要です。それがエグゼクティブコーチを養成するときに行っている、未来のための Break through 思考の Advanced コースです。

その中の3つほど簡単なフレームをお教えします。

  • Out of the box Game:9ドット 学習された無気力 
  • ランダムワード:アナロジー思考を鍛える。全くの第三者の参画による単純素朴な疑問・質問が重要です。
  • 意見/価値観/思考のぶつかり合い:コリジョン

これらを実践してやってみましょう。これらの階段がわかるファシリテータが必要な場合があります。それがエグゼクティブコーチなのです。

杉井 要一郎

TOP