2020年は大規模な廃業/統合の時代 M/A、Exit、Venture entrepreneur、新規アイデア Business

断絶、分裂、突入の時代です。今まで築き上げてきた国、あるいは会社、ビジネスが突如として消え、新しい国家、社会、会社が誕生しているのです。ご自分の周りを見ていただければそのような現象に気がつくでしょう。

2020年は大規模な廃業/統合の時代  M/A、Exit、Venture entrepreneur、新規アイデア Business

産業構造の大変換、DXによるデジタル革命、AIの進化、金融システムの変革により世界はグローカル(グローバル+ローカル)に大きな変革を余儀なくされています。

目的はまだ見えていませんが、社会構造の発展が個人の進歩よりも早く進み、人は今までの思考法を変容せざるを得ない状況になっているのです。そのための産業構造の分裂と統合が多くの地域、国、チームに現実にあるいは水面下で起こっているのです。

今までの“Market In, Product Out”の時代では過去の延長線上での変革が要求されましたが、これからは全く違ったマーケティング戦略が求められているのです。

企業の中でこれまでのリーダーが幅を利かせて、こうあるべきだと言っていたような論理思考は過去の遺物となり、全く知らない、今まで辿ったことのない道へと旅が始まっているのです。

ではその新しい環境の中で、想像もできない新しい出来事やマネージメントの下で、新しい時代をどのように築くことができるのでしょう。

まずは身近な7つの環境変化を見つけ、考えていきましょう。

1. 地球規模での環境の変化(地球温暖化現象)

エコロジーの変化がグローバルで起きています。これはどこの国にとっても一番重要なことです。今まで住めなかったところに人間が住みだし、新しい文化の創生が始まります。

2. デジタルトランスフォーメーション(DX)

DXの発達により今までのアナログ環境からデジタル統合に変わっていきます。アジリティー、スピードの時代になります。量子コンピューティングなど全てが効率への挑戦になります。

3. スマートシティ

農業、工業、交通、コミュニケーションなどを地上だけでなく宇宙空間をも巻き込んだ自然環境応用システムの下で都市開発がなされるようになります。

4. 平均寿命が150歳になる(Longevity)

今までの倍以上の生命持続力、持久力、耐久力になります。そのための変革をすべての人が受け入れなければならないのです。好き嫌いの問題ではありません。健康の意味が変わってきて、最後は自分で死を決めることになるでしょう。

5. 抵抗力の低下、無菌時代への突入

日常生活の全てにおいて自動化され、自分でやることが無くなり、自身が努力して作っていた抵抗力・耐性がなくなる。逆に変種が増えてくる。

6. 民族の移動による新しい種族の勃興

貴重な過去の小民族の遺産保護が始まる。既にアメリカで始まっておりそれに危険を感じた人たちがグローバル変化とは違った動きをしている例もあり、また世界制覇を考えている新勃興国も増えてくるのです。逆に衰退する国、なくなる国、そして知らないうちに属国化する国も出てくるでしょう。

7. 大規模グループ競争に変化

スポーツ、芸術、文化、教養、娯楽が大規模グループ競争に変化する。これはNetwork, 言語統一、全ての人が上を目指すがほぼ同じくらいの天井でぶつかりこれ以上は発展、発達を計ることが出来ない位の時間、耐久性になるために個人の頂点を目指すものよりもチーム、グループによる戦い、変革への挑戦が始まり、今までとは全く違う競争が始まる。


さあ考えてみましょう、あなたの新しい思考力を試すときが来たのです。まずは身の回りからなくなっていくものは何でしょうか。すでに今までとは違った価値観が生まれてくるものを発見するかもしれません。それが想像力で出来たのか、または必然的に生まれてきたのかを探す力をつける源となるでしょう。この続きはまたあとで。良く考える癖をつけないとならないですね。

杉井 要一郎

TOP