今世界的な動きの中で自分自身の能力を知り、行動を起こす

今アメリカのGlobal Citizenのプラットフォームに、COVID-19と戦っている世界中の人たちを励まし、支援するために多くのアーチストや著名人が歌を歌ったりコメントをする動画を次々と出しています。

これらは YouTube でも見ることができます。かつての We are the world をたくさんのアーティストが参加して作り上げ、アフリカ支援を歌っていたことを思い出させます。

今回、Lady GagaやCeline Dion, Andrea Bocelli, Paul McCartneyなどがセッションしたり、歌ったりと様々な形で自らができる範囲で最大/最高のアクションをとっています。

このように人々を勇気づけ、励ますことを自発的に始め、それに皆が賛同して大きなアクションにしていくというパワーの偉大さを感じさせられます。

今世界的な動きの中で、自分自身の能力を知り、行動を起こす

COVID-19が我々にもたらすもの

では自分に何ができるのか。この疑問がすぐに出てきますね。あなたも考えてください。

このCOVID-19がもたらした様々な変化の中で、皆さんが持っている自分の Core Competence がどのようなものかを理解し、これが自分だと信じるしかないのです。この世界が今そこにある危機に直面している時期に、正直にありのままに評価された内容こそが自分の能力なのです。

2000年から2020年の僅か20年の間にアメリカ同時多発テロ事件、リーマン・ショック(世界規模の金融危機)、IT AI 革命、東日本大震災、そしてCovid-19新コロナウイルスによるパンデミックと続いて起きています。

このような全く異なった Tragedy(災害・大変革)が次々と起こっているのです。それらは、異なった環境、異なった概念、異なった場所から生じています。

これらからどのような教訓を得ましたか。同じ穴の貉で皆が同じようなマンネリ化した思考でいくら考えても、良いアイデア、斬新な発想は出てきません。全く異なった自分にはない環境、産業、サービスの人と話して刺激を得ないと新しい考えは出てきません。たとえそれがものすごい小さな Tapping であっても同じなのです。これが今まで言っている Collision を起こすための  Tapping なのです。

小さな気付きから、いろいろな力を貰って、大きな考えに変容させるのが皆さんなのです。COVID-19はその為に我々をタップ(軽く気付かせ)して教えてくれているのです。

杉井 要一郎

TOP