転換点を見極めて準備する ~キャリアパスの原点を考える時期~

スポーツをしている人、経営者、科学者、芸術関連の人たちは、いつ、どの時点で自分の仕事を見直したり、別の道を考えるのでしょうか。本当に考えることができる人は幸せです。歴史家も自分たちの過去の在り方を見直しているのです。

キャリアパスの転換点

多くの人は子供のときに野球選手、歌手、俳優、消防士などそれぞれの世界でスターになる夢、または人助けする夢を持っていました。しかし、舞台俳優、オペラ歌手、野球やテニス、水泳、スケート等の選手、その他の分野で活躍する多くの人が人間としての寿命は長くても、仕事人としての寿命があること、さらに時間の経過とともに身につけている技術が全く通用しなくなることが分かってきます。でも一度身につけた技術をそう簡単に捨てられず、かといって新しい知識・スキルを身につけることもできず、結局ほとんどの人が華々しくスポットライトを浴びる世界から程遠い仕事に就くことになるのです。

スポーツで、ある程度の賞金、給料を稼ぐために若いころから血のにじむような練習をしてきたのです。ところが30歳を超えるとあとはコーチになるか、別の職業に変わらなければならないのです。本当の意味での転職です。次に何をしたらよいかの準備もしてこなかったのです。このような人たちが一般の会社に入って、たくさんのお金をすぐに稼ぐことができるでしょうか。否です。普通の仕事といっても良い給料をもらうには大変な技術が必要です。その技術のトレーニングを受けていないので “次の仕事はこれ” とはいかないのです。私の所にも「自分の人生を決めるにはどのようにしたらよいでしょうか。選択の方法を教えてください」とゴルフの選手、野球の選手、サッカーの選手たちが来ます。まだ若くて自分を見つめ楽しく生きていくはずの人が、年老いた人のような気持ちで毎週いらっしゃいます。

あなたならばどう考えますか。

世の中の移り変わりを見て、5年先、10年先を見据えた変化に対応していかなければならない世の中なのです。そしてそれが許されるようになっているのです。

第二の人生はこれらの人にどの様に影響するのでしょう。例えば人の寿命が100歳になったとすると、スポーツ選手は30歳を過ぎ、35歳になった時に自分はどんな仕事をするかを考え始めます。また普通の会社員も50歳になる頃には、60歳からの新しい人生の準備を始めなければならないのです。しかし誰もそのことを具体的には教えてはくれません。学生のように勉強だけしていると収入はゼロになるのです。個人レッスンで収入を得ている芸術家、音楽家の人たちはOnlineでのレッスンになると大変です。第二の人生は自分で稼ぐ時代になるのです。

コロナの影響による環境の変化とビジネスのAI化による大きな変化が起きており、今まで皆さんがやってきたことは継続できないということを本気で考えてください。

仕事の原点がAIの出現により全く変わっているのです。健康寿命も延び、長い期間働けるようになり、これからは90歳まで現役です。第二の人生のキャリアパスと仕事のキャリアパスの原点を自分で考えましょう。
本気で考えてください。あなたの人生は素晴らしいものになります。

杉井 要一郎

TOP