自分で描く一枚の絵 ~自分のキャリア~

過去の経歴を捨て、未来に向けて自分の経歴を一枚の絵に描きましょう。この絵を描くのに必要なのは未来に向けての夢や知恵、道具(スキル/思考など)が入っている引き出しです。学歴、キャリア・職歴、年齢は関係ありません。あなたは未来への引き出しをどのくらい持っていますか。

自分のキャリア

セカンドキャリアを見据えて

外資系の会社に勤めている50代後半の営業部長にお会いしました。会社の規定では60歳で定年ですが、政府の方針で65歳まで勤務できるものの、給料は3分の1から4分の1くらいになってしまうとのこと。この方は65歳の退職までにエグエクティブコーチングの勉強をして退職後に備えようとしています。

何をどのようにどのくらい勉強すればよいのかを知るだけでなく、自分自身をしっかり認識するための方法を知らなければなりません。それだけの覚悟が必要なのです。

あとは自分が挑戦するマインドを持ち続けることです。

もう一人、製造業のサポートをしている方にも会いました。この方も50代半ばで、60歳の定年後に今と同じ内容の仕事をすることはできるのですが、若い人より給料が下がってしまう。どうせ給料が下がるなら広告部門でもっと創造性のある仕事をした方がよいと考えて相談にきました。

 

本人の決断が固いものか、そして心の準備と新しいチャレンジを継続し続ける忍耐があるかというような話をしました。本人は“やらずに後悔するよりも、やってみて失敗したらそれはそれでよい”という信念があり、チャレンジする事になりました。

変容の時代に

多くの人が自分の主張、常識、判断でこの大きく変容していく世の中を渡っていかねばなりません。自分の事は自分にしか解決できないという“自己責任のあり方を若いうちから学べる社会を作り上げる”という新しい考えを取り入れられる社会を作らなくてはなりません。

古きを捨て新しきを得ることが、今一番要求されているのです。

これまで現役で働いているときは、物事を効率よく間違いなく処理し、その結果、徐々に成功者として認められ、退職をしてからは名誉とこれからの人生観を大切にしていこうという考えを持っている人が大半でした。

世の中一変したのです。これまで自分が発揮してきた能力は、これからの時代には使えないのです。

しかしそうなった時にどのようにしたらよいかを若いうちから考えてこなかったので、定年間近の今になって自分のキャリアを探しているのです。そして自分にはこれから使える能力が身についていないことに気がつくのです。ないと言うよりも、その準備をしてこなかったのです。

 

ほとんどの人は今からでも遅くない、何とかなると思っています。もちろん何とかなります、仕事を選ばなければ単純な作業の仕事は見つかります。でも、それで得られる金額は最低賃金です。それが若いときから退職後のことを考えてこなかったあなたに待ち受けている人生です。

 

会社での肩書、その会社でやってきた仕事は、未来への挑戦には何の役にも立たないのです。金融業でいかに多くの金額を扱っていようとも、それは商品であってあなたの実力とは全く関係ないのです。

 

では実力をつけましょう。デジタル時代にふさわしい仕事ができるようになっていますか。AIよりも作業効率が良い作業があなたに考えられますか。

 

まずは心に思ったことと脳で考える言葉が一致していなければなりません。心に思ったことを言葉にするとき、潜在意識に問題が発生しているのです。脳は成長します。心も成長します。子供の頃から会社に入るまでは成長し続けたでしょうが、会社に入ってからは全く成長していないのです。今から子供に戻って、つまりTime Lineを昔に戻して、子供の考え方、脳と心の発達を再開するのです。出来ますか。

これからは個人の時代です。もちろん会社で働くか、自分で会社を立ち上げるかですが、会社を立ち上げる方法も知らないで起業はできません。すべては自分に責任がかかってくる時代になったのです。

 

また、今までは海外のことと思っていた契約が必要になります。長期で雇われる時代ではなく、必要な人に対して短期の仕事が来るのです。それもナレッジワーカーとしての仕事で、作業的な仕事とはいってもマネジメントが求められます。経営のためのプロジェクト・マネジメントが必須になるのです。

 

短期雇用、自由な仕事選択、自己責任、契約社会、ナレッジワーカーが標準、プロジェクト・マネジメントが当たり前、利益が出る成果主義、英語が当たり前。明日にはそれらが全く別な仕事に変わっても、動じることなく新しい仕事に挑戦するのが当たり前になるのです。

今日の仕事はNo side、明日に向かっての戦略を考えましょう。

杉井 要一郎

TOP