スキルギャップ

経営者やビジネスをする人にとって一番大切なことは、社員のビジネス能力リーダーシップです。
2020年には、これまでの一般的なスキル/能力はもう通用しなくなったことが明らかになりました。

 
通用しなくなったということは、転職しようとしても思い通りの良い職には就けないということです。
良い職に就こうと思ったら、そのように勉強するか、その職に必要な新しい力を学ばせてくれる会社に入らなければなりません。

 
ジェンダーでも年齢でもありません。気の持ちようです。

 
自分が何者かを意識して考えたことがない人が、職責だけで通用する会社はもうないのです。

スキルギャップ

© naonori kohira

変化の激しい環境の中で生き抜くには

ホワイトワーカーは新しいスキル/能力が求められ、その能力が伴わないとその仕事はRPA(ロボティックプロセスオートメーション:事務作業を担うホワイトワーカーがPCなどを用いて行っている一連の作業を自動化できる「ソフトウェアロボット」)に取って代わられ、その人は人間にしかできないサービスの仕事につくしかないのです。

 
子供の世話から墓場まで、生涯にわたって面倒を見てくれた家族主義の会社、生涯一つの会社で年功序列の出世をしていける会社はもうないのです。

 
学校教育も変わり、言われたことをきちんとすればすべてがうまくいく、うまく過ごしていけるという良き時代は終わったのです。

 
大学もこれから変わります。今のままでは大学の半分はいらなくなります。

 
もちろん自分に優れた才能があればそれに越したことはありません。
でもそうはいかない人も多いのです。

 
今求められている人材は、思考力があり、情熱家で、何にでも挑戦して行動する人です。

 
これは、この先会社を変わろうとしている人だけではなく、今いる会社でも自分が成長していかないと、後から入社してきた人たちに全てを取られてしまうのです。

 
このような人は、自分では分かっている/理解できるけれど行動に移せない人か、今の環境が良いので全く気がついていない人です。

 
環境も目まぐるしく変わっています。
世界は毎日すごいスピードで、変化をしているのです。

 
では何がどのように変化し、そのためには何をすればよいのでしょうか。

 
今その対応をしていかないと、さらに遅れて取り返しがつかなくなります。

杉井 要一郎

TOP