リーダーの思考力が未来を決める

2020年以降、ICT(Information Computing Technology) が急速に伸び、それに伴い人間も、今まで以上の速さで物事を考えなければならなくなりました(Agility)。

 
そうでないと人間が自ら開発したAIの進歩についていけなくなってしまうのです。現実に、AIと共存していかないと、社会が成り立たなくなってきています。

 
現在、人間がAIに負けていない領域は、自由な思考、未来のシナリオ作りと詩(Poem)を理解すること等の創造/想像的に考えることです。ここで人間の思考力がAIを超えていかなければ、全てはAIにとってかわられるのです。

 
今日の日常生活/ビジネスにおいて、人間あるいはAIの優れている点をしっかりと認識しなければなりません。
ロボットができるような作業はさっさとロボットに任せましょう。
日常生活においても経営においても、人間でなければできない事をしましょう。

リーダーの思考力が未来を決める

© naonori kohira

人間とAIとの差別化

経営者は成功への道筋をどのように作り、どう進んでいくのかを考えてみましょう。これは人類が火星に行くことを考えるのと同様に、身近なことから、明日、未来に向けて、仮説のシナリオを作成することから始めます。

 
はじめに、大まかな推測を立て、ルートのシナリオを幾通りも作ります。成功するということがどのようなことなのか、概念がわかっていなければならず、そのルートのシナリオが論理的ではあっても、曖昧な推論であるために、人間しかそれを考えることができないのです。

 
しかし、一度成功すれば計算式ができるので、別のシナリオを探せるようになります。
しかし、それでもしっかりとした概念とそれに付随する具体案が必要です。

 
多くの企業のリーダーたちが、思考力の欠如のせいで、トップが合意したことの詳細を理解しないまま行動に移し、失敗してしまうことがよくあります。逆にプロジェクトマネジメントを細かくきちんとしていても、概念がしっかりと理解されていなければ途中で頓挫をすることもあり得るのです。

 
戦略思考戦術思考の違いです。

 
山とは何か、山に登る/下るとは、岩壁とは、山の天気とは、登山における危険とは、人とは、疲れるとは、休憩とは、酸素とは等々の意味付けをするよりも、人間の思考が先んじなければならないのです。

 
また、課題や問題が複雑になり、従来のように簡単に解決できないことが多くなり、思考力がより重要になってきています。経営者はこれらに対応できる思考力を身につけなければ、社員との区別がつかなくなってしまいます。

思考力に必要なもの

人間は具体的な事柄を、具体的に説明するために分析し、理論付けることは得意です。
これは知識です。それらを統合したり、クラスター化したり、抽象化することは未だAIにはできないのです。

 
ですから考える力、思考力をつけることが、今の社会において、一番大切なことなのです。
では、考える力・思考力をつけるために、何をInputすればよいのでしょうか。

 
それはデータでもなければ知識でもありません。

 
思考のメカニズムを知らなくても、概念さえわかればよいのです。飛行機や電気自動車などは、そのメカニズムを具体的に知らなくても、概念さえわかれば、訓練によって操縦/運転できるようになるのと同じです。

 
Notionabstract、この2つの言葉の意味の違いを理解できれば、これから先で言おうとしていることが理解できると思います。

 
思考によって正解を探すのではなく、頭の中を整理しようという事です。
AIやIoTにおけるオントロジー、世の中の様々な“モノごと”を正確に整理するツールです。

 
その原理原則を組み立てて、具体的にそのモノの概念、姿がわかればよいのです。最初に誰もがわかる概念を習得し、後に詳細Detailに入る仕組みです。知識ではありません。
このいろいろな仕組みを学習することにより、人間AIとの差別化をするのです。

 
人間は、始めは皆同程度に、思考力を持っているのです。
子供のころに植え付けられた意識をどう利用しているかで差がでてくるのです。
ある人は肯定的に、ある人は否定的に、ある人は批判的に歩んできたのです。

 
この文章の最初にお話しした、詩(Poem)の理解が、AIにとってなぜ難しいかというと、その構造を理解するために、人間の脳を解明しなければならないからです。

 
それは多くのアルゴリズムの解明がなされなくてはなりません。
それも人間の仕事です。今必要なことは概念であって、すべてを理解することではないのです。

 
ダボス会議から発せられたグローバル課題がよい例です。
SDGs、ESG、Well beingなどがまさにその概念です。

 
人間に与えられた能力をいかに発見するかが自然科学への進歩であり、挑戦です。
(次回に続く)

杉井 要一郎

TOP