今こそメンタルを鍛えよう!

夢を実現するには、強いメンタルを持っていなくてはなりません。
肯定的なメンタルトレーニングが必要です。

 
COVID-19パンデミック中の今、いろいろなことに挑戦するため考えが頭の中に浮かんでいると思います。

 
世の中全体がパンデミックで委縮している日々です。
パンデミック後の人生も考慮して、次の点に留意して、日々を過ごしてください。
 
1. 常に若々しくいること。
これは年齢でなく、気の持ち方です。いくつになっても自分が生きることに喜びを感じていれば若くなるのです。

2. 思考力を保つこと。
考えることで頭の中を整理し、明晰に考えをまとめ続けるようにすることです。

3. 健康な身体を維持すること。
長寿の基本です。毎朝気持ちよく目覚め、その日にすることが明確にあれば、行動にメリハリがつき、気持ちが明るくなります。そして足腰が衰えないように散歩や、軽い運動をし、食事をきちんととって、十分な睡眠をとりましょう。

4. 目的をもって過ごすこと。
100歳まで生きることが目的ならば、今年1年の目標、そして今日一日の目標に落として、日々その目標達成をするようにします。

5. 自己実現はもちろんのこと、これからは社会貢献を目的にすることを考えてみるのもいいでしょう。
皆が同じ土俵の上で、幸せに、Well Beingで日々過ごしましょう。
今こそメンタルを鍛えよう!

© naonori kohira

肯定的なメンタルを持ち続ける

この1年以上あなた/あなたのチームはこれから先のキャリア、ビジネスモデルなど様々な心配事があったと思います。

 
この、辛くて大変なPANDEMICの時期だからこそ、個人が、チームが、社会が肯定的思考に変化しなければならないのです。
辛いことでも、それを楽しんで乗り越える挑戦意欲が求められるのです。

 
人生をどう考えるのか。どう生きるのか。ビジネスとキャリアをどのように融合させるのか。肯定的なムードになってこそ、未来があるのです。

 
もし、あなたやあなたのチームが、日常生活やこれからの人生、キャリアの成功者になるための能力を持ちたいと思っているなら、今がチャンスです。

 
なぜならば、多くの人たちはこの1年以上、否定的な考えを出し尽くし、今は精神的に回復しつつあり、物事を楽観的に考え、自分のメンタルを健康に保つための準備ができてきているからです。

 
この精神的かつ感情的な幸せ感をメンバー/従業員に持たせることで彼/彼女らの心労を軽減し、意識を前向きにするチャンスです。

 
今、あなたには健康的な感情、肯定的な感情が戻ってきたのです。たとえ周りに否定的なメンタルの人がいても、それらを克服できるようなメンタルを持っているのです。

 
悲観的な思考を持った人は、心配事や過去の悪い経験を引きずって、その結果、否定的な思考になっているのです。

 
肯定的で楽観主義なチームは、常に上昇指向を持ち、前向きで未来に向けての指向が高くなります。

 
これらの人々は自分たちの成功/失敗が、運命ではなく、自分たちの心/気持ちに強く依存していることを知っているのです。

 
強い、肯定的なメンタルを持ち続けましょう。

杉井 要一郎

TOP