【Archive : 2014.04.07】 取材記事 "エグゼクティブコーチングとは"

2014/08/01(金)

NK2_7357-512

Q1:エグゼクティブコーチングとは

A1: 会社経営における方針、決定、部下にエンパワーする方達の更なる能力をアップ、又はエグゼクティブが既に持っている以上の気づき、又は資質のトランスフォーメーションをサポートすることが出来るプロの経営コーチを言います。エグゼクティブに対して潜在意識及びそれ以上の気づきを起こすのをサポートするためにはコーチは常にクライアントよりも人間発達段階に於いて又はある分野に於いては上位段階にあり、クライアントの人間の器と同等かそれ以上に大きくなくてはなりません。経営経験があり、且つエグゼクティブコーチングのトレーニングを非常に多く踏んでいること。クライアントの考えられること以上のクリエイティビティ―を潜在意識より引き起こすことが出来る、段階的なパワーコミュニケーション、発達段階的なパワー質問ができ、ビジネス倫理に長けていることがエグゼクティブのポテンシャルを引き出し、新しい創造性を引き出すことが出来るのです。

Q2:現在のエグゼクティブコーチングにおける日本市場をどのように捉えていらっしゃいますか。

A2: 日本に於いてのエグゼウティブ経営コーチングは必要重要かつ緊急課題です。海外より10年以上普及が遅れています。日本企業のほとんどエグゼクティブ自信がエグゼクティブコーチングを受けたこともなければ理解している部分が少ないのが現況です。これは過去の終身雇用制度に起因しているので、コーチに就くことは名誉と思って居ないのと、エグゼクティブ自信がコーチよりも上であると限られた経営経験からコーチを経営者には必要ないと限られた信念を持っている、部下にはつけてもトップ自身には必要ない又は、就けることを躊躇しているのが現実です。またエグゼクティブコーチングを間違って理解して、ビジネスコーチングそのものと思って居る。ビジネスコーチ自体もコンサルタントの前衛みたいな方が多く本格的な経営のための定義を理解していないコーチが多く徘徊しています。経営経験が少ないコンサルタントから来たビジネスコーチが多いからです。この方たちはビジネスコーチとおっしゃっている非常に倫理的なコーチもいらっしゃいます。商業営業をすること自体がマスプロダクションの領域でプロのエグゼクティブコーチには有り得ないことです。コーチの資質としてはコーチされる経営者側よりも数段上の資質が必要です。コーチというだけ、医者というだけ、コンサルというだけ、弁護士というだけで全て同じではありません。又プロコーチならばその方のプロとしてのマスターリスト参照をお持ちのはずです。

ページトップへ